ビジュアルファシリテーターの阿呆な研究

Read Article

台湾のネコ村(ホウトン)で大量のネコをもふもふしてきた

一年弱動いてたサービス開発がよーやくリリース。
まあまあ心のエネルギーを使い果たしたので充電すべく、旅行にいってきました。行先は台湾。目的は…ネコ!台湾の猫村こと、侯硐(ホウトン)です。

猫村こと侯硐(ホウトン)は台北駅から台湾鉄道(鈍行電車)で1時間くらいのところ。
台北駅で切符を買うとき、窓口で「ホウトン 2people!next train」で通じました。(台湾では列車種別で料金が違います。ゆえに、特急や急行列車、鈍行、どれにのるのかをいわなきゃいけないのです。)

感覚としては、新宿駅から中央線にのって相模湖にいくかんじ。
途中、八堵駅(立川みたいなとこ)で乗り換えて、あっというまに到着しました。

駅には手作りのねこの看板、提灯!

駅をでると、通路にすぐねこがぐうたら。
通路の真ん中陣取ってますが、みんなふまないようにちゃんとよけてくれてます。
この通路での優先順位はねこ>人間。

さっそく外にでてみます。

ねこのひらきがころがってたよ。そして起きない。

よくねていらっしゃる。

足がかわゆい。そしてお前の野生はどこへいったのだ。

あまりにきもちよさそうにねてるので、みてるこっちも幸せになります。萌え。

ふぐりωまるだし。

にゃんこは自分から近づいてくる子が多かったです。手を出すと自分ですりすりしてくる。

侯硐駅の横には、瑞三礦業公司の工場があります。
選炭場だったそうですが、今は廃墟に。触ったら一気に崩れそう。
廃墟の上にかかる橋をこえて、川の向こう側へまわります。

とらにゃん睡眠中。

とらにゃんの写真をとってたら、さばとらもやってきました。
私の隣に座って「モフれ」と命令してきました。もふもふ。

イケメン発見。
イケメンももふもふした後、今度は川向こうにもどり、集落のほうへ向かいます。

集落の茶屋。
お客さんがいてもきにせず机に座るにゃんこ。

こいつもお客さんの机に陣取って盛大にあくび。
ひげちょびこです。

遠くをみるひげちょびこ。

カメラをむけるとカメラ目線を返してくれるイケメン!
風格がなんとなくトラっぽい?

集落にいた黒い三連星+白いの。
「ガイニャ、オルテニャ、ニャッシュ!」「ニャムロー」と勝手にガンダムごっこをしました。

集落に新しく増築された階段には、ねこの足跡がついていました。
階段つくる→ねこはそんなん気にせず歩く→足跡そのまま残る・・・という状態かと。ねこ自由すぎる。

屋根の上にもネコ(のモニュメント)。
侯硐駅と、瑞三礦業公司の工場を見つめています。
住民の方もネコをじゃらしたり、ごはんをあげたりと可愛がってる様子でした。
みんなネコすきなんだなあ。

こんなとこにもネコが!台湾のネコバス!
瑞芳(九ふんの最寄りの駅)と侯硐を結ぶ往復路線のようです。

侯硐から瑞芳はひと駅。15元(55円くらい)ととても安いです。
相模湖駅から高尾駅に移動し、バスで高尾山口にいくような感覚です。

瑞芳駅からはバスにのり、台湾旅行のメッカ、九ふんを目指します。
昼に侯硐でネコをもふもふし、午後になったら瑞芳にむかうと、ちょうど夕暮れ~夜の九ふんの景色をみることができます。

千と千尋の神隠しにでてくる建物のモデルになった建物がある場所です。
赤い提灯がとても美しい街並み。
ねこをモフりまくったあと、きれいな景色をみて、眼福な一日でありました。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top