ビジュアルファシリテーターの阿呆な研究

Read Article

PC持ち歩きで肩こりひどくなった問題に対する施策

PCを持ち帰るようになったら増えたものがある。
仕事と肩こりである。

前者は時々うっかり必要なファイルを同僚に送り損ねてたとかの自分起因のものもあるが、たいていは緊急対応だとか、休日返上で戦うリリース間際のプロジェクト対応。
バグ潰ししてレッドマインのチケットをきるのを無上の喜びとして生きているので、一度ハマるとリリース間際のプロジェクト対応は際限なく工数を使うのだ。しかし、仕事には終わりがあるので緩急をそれなりにつけられるからまあよいとする。

他方、肩こりのほうは重くなる一方。特に右肩。
左より右がひどい原因を考えたのだが、その一つは「PCいれたカバン持ち歩いてること」だと思うに至った。
というわけで、肩こりひどい問題に対する施策をうってみた次第である。

問題の詳細(5.5kgのトートバッグを持ち歩くようになった経緯)


ずどーん

・会社からノートPC配布されて持ち歩けといわれた
すぐにものをなくす残念な人間なので、会社PCと普通のバッグを別々にもったら絶対PCバッグ紛失すると確信した
会社PCと日常のいろんなものをまとめてぶちこむバッグが必要となった
・夫所有のグレゴリーの頑丈なトートがあったので奪った
・グレゴリーの頑丈さははんぱなく、何をいれても大丈夫でどんどん荷物がふえた
・冬になって水筒でコーヒーのむようになったので500ml(0.5kg)アドオン
・ついに荷物は5.5kgまで肥大化
・結果ずっとグレゴリーのトートを下げてる右肩肩こり悪化

一言でいうと、キャパが無限と思って無茶な運用してた結果知れ切った往生を遂げただけである。

5.5kgのカバンには何がはいっているか


左から順に
・A4大のスイングロジカルノート
・小さいメモ
・ハンカチと薬ポーチ(めまいおきたときのための酔い止め等入ってる)
・充電器
・財布
・PCとPCバッグ(13インチ)
・ペン
・印鑑
・名刺入れ
・会社のカード入れ
・キーケース
・定期入れ
・PCのコード
・マウス(どうしても5ボタン左右にボタンがある巨大なタイプが好きなので)
+スマホ(ここにはうつってない)

計5.5kg。ここに文庫本が追加されたりしてさらに重くなる。
さすがに5kg超えてるってのは計測してみて衝撃をうけた。
でもあまり無駄なものをいれてた気はしないのだがどうなんだろう。

施策


・右肩だけで持つのがいけないという仮説をたてる
肩と背中で分散してもてば楽になるんじゃねえか(アウトドアバッグの理論)
・しかしがっちりアウトドアなリュックを背負って会社にいくには気が引ける(パンツスタイルが似合わないスタイルなので、下手したら遠足に行く人みたいになる・・・)
・というわけでハーシェルサプライのリュックを購入。アウトドアな印象が多少おさまるデザインだったので。

ハーシェルサプライの「Herschel Supply Little America Mid-Volume」のいいとこは、13インチのPCがそのまま入るふわふわPC入れポケットがあるとこ。PCバッグが不要になるので荷物がへるし、背中に近い位置にPCがくるので、あまりPCの重さをかんじずにすむのだ。


↑こんなかんじ

14.5リットルあるので、上記の荷物はきっちりはいる。これ以上は厳しいが。

通勤で運用(背負ってみた)結果

成果

・通勤ものすごい楽!肩と背中に重さが分散されてこんなにも違うのねーと実感した。
・肩あてとか背中部分がアウトドア仕様なので、背負っててずれて痛くなることがない。
・背中がなんかあったかい。冬なのでなんか気持ちいい…

課題

・すぐにぱっとだしたい文庫本や水筒がとりだしづらい。
・リュック背面にあるポケットは定期とキーケースと会社カードケースでいっぱいで、中にいれるしかないので。
・トートバッグだと、ぱっと開いて左手ですぐだす、と2ステップ2秒くらいの動作でできる。しかしリュックだと、「リュックを下す」「前面に掲げる」「リュックを開く」「右でとりだす」「持物を左手にうつす」「右手でリュックを締める」「リュックをうしろにせおう」という8ステップが必要となる。動作時間は15秒程度。私がとろいので秒数は酷いが、ステップ数が多いのでどんな人でもトートバッグのほうが便利だとは思う。
・かばんが固いので、混雑した電車でリュックを体の前面にもってこようとすると固くて難儀
・夏はあついかもしれない わき汗しみついたらどうしよう

・・・というかんじで、肩こりの大きな一因は潰したかわり、新たな問題(ぱっとだしたいものがだせない)が発生したのでした。
水筒を首から下げて、文庫本用のポーチでももちあるけばいいのかな。
それか文庫本をポケットにいれておく、とか?

ううむ。悩ましい。みんなどうしてるのでしょうかね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top